​住宅ローンのお申込みについて

住宅ローンの種類について

住宅ローンには種類とそれぞれに特徴があるので、ライフプランに沿った返済計画をふまえて選択します。

​・銀行ローン(民間金融機関による住宅ローン)

・フラット35(民間と住宅金融公庫が共同で提供する長期固定金利の住宅ローン)

・公的 住宅融資

・社内 融資制度

金利の種類

変動金利型・・・

金融情勢の変化に合わせて金利が上下する型のローン。
原則として金利は半年に一度見直されますが返済額は借入から5年間は一定となり、5年ごとに返済額が調整されます。

固定金利型・・・

返済期間中、金利が変わらないことが特徴です。

固定金利 選択型・・・

当初2年、当初5年など、一定期間は固定金利となり、その期間が過ぎると変動金利になります。

住宅ローン利用に際して必要なもの

・住民票(家族全員記載)

・本人確認資料(運転免許証等)

・住民税決定通知書または住民税課税証明書

・売買契約書(原本)

・実印

・源泉徴収票(給与証明書)

・印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)

※ご利用いただく住宅ローンの種類や金融機関によって、必要書類や諸費用は異なります。

住宅ローンの流れと火災保険について

売買契約の締結後

住宅ローンの流れ

Step1. 住宅ローンの申し込み

ローン申込書に記入いただき、必要書類と共に金融機関に提出します。金融機関は申込まれたローンの内容で融資できるかどうかを審査します。

Step2. 融資実行

申込いただいたローン内容が承認されると、金融機関より融資承認の通知があります。
※売買契約書に定められた融資承認期日前に通知をもらうようにご注意ください。

​Step3. ローン契約締結

原則、平日の営業時間内に金融機関に出向いて細かな借り入れ条件を決定した上で金銭消費貸借契約を締結します。

ローンの実行

火災保険について

物件の構造や、専有面積、契約期間によって費用が増減します。

また、補償する範囲の広さによっても費用が変わりますので、購入する不動産の環境をよく理解し、必要な保証のみを付ければその分保険料も安く抑えれます。

住宅ローン控除について

控除を受けるには一定の要件と、確定申告が必要です。

​詳細は下記をご参照ください。