固定資産税

●長期優良住宅の税額は5年間、2分の1に減額(一般住宅は3年間)

●住宅の敷地は課税標準が6分の1に軽減

​ 固定資産税は、毎年1月1日現在、市町村の固定資産課税台帳に、土地、家屋又は償却資産(事業用の機械など)の所有者として登録されている人に対してかかる税金です。固定資産税は、所有者であるかぎり毎年課税され、その税額は、納税通知書に従って、原則として年4回に分けて納付します。

​ 固定資産税の税額は、次の算式により計算されますが、都市計画施行地内の土地及び家屋に対しては、別に都市計画税が課税され、固定資産税と併せて納付することになっています。なお、市町村によって税率は異なる場合があります。

固定資産税の算式

課税標準

(固定資産課税台帳に登録された評価税)

×

1.4%

(標準税率)

固定資産税

都市計画税の算式

課税標準

(固定資産課税台帳に登録された評価税)

×

0.3%

(標準税率)

都市計画税

住宅の敷地は課税標準を軽減

​ 専用の住宅用地(別荘用地を除く)のうち、1戸当たり200㎡以下の部分は、小規模住宅用地として評価額の6分の1(都市計画税は3分の1)を課税標準とします。1戸当たり200㎡を超える部分(住宅の10倍の面積が限度)は、一般住宅用地として評価額の3分の1(都市計画税は3分の2)を課税標準とします。なお、この課税標準の軽減は、土地と住宅の所有者が別人であっても適用されます。

課税標準の軽減

​固定資産税

都市計画税

​評価額

×

1/6

​評価額

×

1/3

家の画像 二色.png

課税標準の軽減

​固定資産税

都市計画税

​評価額

×

1/6

​評価額

×

1/3

吹き出し 青

200㎡以下の部分

小規模住宅用地

吹き出し ピンク

200㎡超の部分

一般住宅用地

 併用住宅の敷地については、次表の居住部分(別荘部分を除く)の割合の区分に応じ、右欄に掲げる率をその土地の面積に乗じて得た面積に相当する土地が住宅用地とされます。

●専用住宅

非住宅 家.png

居住部分

​の床面積

​総床面積

​非住宅

​住宅

居住部分の割合

=

居住部分の床面積

​総床面積

居住部分の割合

100%

住宅用地の率

1.0

●併用住宅(地上階数5以上の耐火建築物)

居住部分の割合

25%未満

住宅用地の率

0

25%以上50%未満

50%以上75%未満

75%以上

1.0

0.75

0.5

●併用住宅(上記以外)

居住部分の割合

25%未満

住宅用地の率

0

25%以上50%未満

50%以上

1.0

0.5